キレイの基礎知識キレイの基礎知識

ムダ毛の自己処理について

自己処理による肌のダメージ

剃ったり、抜いたり、脱毛クリームを使ったりと、
ムダ毛の処理は、つい自己処理を続けてしまいがちですが、
実は肌荒れや赤いブツブツ、色素沈着の原因となってしまうことを、ご存じですか?

カミソリや電気シェーバーによる「剃毛」

カミソリや電気シェーバーで剃毛する場合は、刃先が肌にあたってダメージとなり、炎症を起こしてしまう可能性があります。
炎症は時間がたつと、色素沈着といって茶色っぽい状態となることも。

そのため、剃毛される際は、刃先によるダメージを軽減するためにシェービングローション等を使用しましょう。また剃毛後には、ダメージを受けた肌をケアするために、しっかり保湿をしてください。

自己処理の中では、剃毛はもっとも肌へのダメージが少ない方法といえます。
また、どちらかといえばカミソリよりも電気シェーバーの方が、肌への刃の当りがソフトなため、電気シェーバーがおすすめです。

カミソリや電気シェーバーをご家族で共有されている方も多いと思いますが、衛生面からおひとりずつ専用のものをお使いください。

ピンセットや脱毛ワックスなどによる「毛抜き」

ムダ毛を抜くにはピンセットや脱毛ワックスなど、様々な方法がありますが、いずれの方法で行うにしろ、「毛を抜く」ということは、毛穴から無理やりに「毛を引きちぎる」行為のため、毛穴へのダメージは非常に大きくなります。

ダメージを受けた毛穴に細菌が入り、炎症を起こして色素沈着の原因となったり、根元まできれいに抜けなかった毛が皮下に埋もれたまま伸びる埋没毛になる可能性があります。

また、繰り返し抜いていると瘢痕(はんこん)ができて肌がブツブツとした鳥肌状になってしまうこともあります。

脱毛クリーム

脱毛クリームは体毛に含まれるタンパク質を分解して脱毛しますが、実はそのタンパク質は皮膚にも含まれています。
そのため皮膚のタンパク質にも作用してしまい、肌荒れや皮膚の炎症の原因となってしまいます。

この記事を友だちに教える
患者様の安心安全なご来院にむけて ~当院の感染防止対策~ 患者様の安心安全なご来院にむけて
~当院の感染防止対策~