脱毛のリスクとケア

脱毛のリスクと当院の対応 脱毛期間中のお肌ケア

S-Labo(エスラボ)の対応

万が一、当院の施術によるお肌トラブルが起きた場合、すべて無料で対応いたします。

医療レーザー脱毛は医師の監督のもとで行われる医療行為です。
エスラボでは専門知識と高い脱毛技術をそなえた医療資格者が施術を担当いたしますが、まれに施術によりお肌のトラブルを引き起こすことがあります。
脱毛により生じる可能性のあるリスクと当院でのご対応、またお肌のトラブルのリスクを抑える脱毛期間中のお肌ケアについて紹介します。

脱毛施術により
起こる可能性のある症状

やけど

医療レーザー脱毛は、体毛が持つ黒い色素(メラニン色素)にレーザーを反応させ、生まれた熱で発毛にかかわる組織をこわす施術です。レーザーの出力を下げることで熱も下がり、やけどのリスクも減りますが、その分脱毛効果も下がってしまいます。

エスラボでは、一定以上の脱毛効果を発揮させ、かつ人体に悪影響をおよぼさない出力を守って施術をいたします。しかし体毛の量、太さ、お肌の色など患者さま一人ひとりに完璧に合わせた設定を行うのは難しく、やけどしてしまうリスクもゼロではありません。

【当院の対応】
万が一、やけどのトラブルが発生した際には、医師が責任をもって診断・治療を行いますのでご安心ください。もちろん、お薬も処方します。ご自宅に戻られてからやけどに気が付いた場合は、すぐにご連絡ください。優先的に予約をお取りし、無料で診察いたします。

毛嚢炎(毛包炎)

毛嚢炎(毛包炎)は、毛根を包んでいる毛嚢(毛包)という組織に雑菌が繁殖し、炎症を引き起こす症状です。毛穴の周りが赤くなったり、軽く腫れてかゆみを持つこともあります。

毛嚢には元々雑菌がある程度繁殖していますが、表皮のバリア機能(角層に含まれる水分や皮脂分などにより細菌の侵入を防ぐ機能)によって人体に悪影響が出ないよう抑えられています。脱毛レーザーを照射した肌のバリア機能が一時的にダメージを受けることで、毛嚢炎の発生につながりやすくなります。

【当院の対応】
医師の診察が必要ですので、このような症状が見受けられましたら、すぐにご相談ください。 診察し、治療薬を処方いたします。

増毛化、硬毛化

増毛化・硬毛化は、脱毛レーザーを照射することで体毛の密度が増したり硬くなったりしてしまう症状です。顔や背中など産毛が多い部位で起こりやすいといわれています。

現在、増毛化・硬毛化については医学的研究が進められている段階であり、原因や対処法、予防法などは明らかになっていません。

【当院の対応】
医師の診察が必要ですので、このような症状が見受けられましたら、すぐにご相談ください。

肌の赤らみ、ヒリヒリ感、むくみ

施術を受けた直後は肌が普段より赤くなる、ヒリヒリ感が残る、点状にむくむ(炎症性浮腫)といった反応が多くの患者さまに見られます。これは脱毛レーザーを照射したことで発生する熱による症状です。

翌日~翌々日には症状がおさまる方がほとんどですが、腋やVIOなど毛が太く濃い部位は施術の熱も高まりやすいため、他の部位よりも症状が強く出ることがあります。

【当院の対応】
照射後に抗炎症作用のあるローションを無料で塗布し、ご自宅ケア用にもお渡ししております。またお肌が熱をもった状態のため当日は湯船につからず、シャワー浴をオススメしています。2~3日経っても治まらない場合は、直ちに当院へご連絡ください。優先して診察予約をお受けいたします。

脱毛レーザーの打ち漏らし

照射漏れとは、レーザーを当て損ねた箇所に毛が密集して残ってしまう状態のことをいいます。脱毛施術後、しっかりと効果が出ていれば通常2~3週間後に毛が抜け落ちますが、レーザーが当たっていなかった部位は抜けずに残ってしまいます。手首や顔、VIOなど凹凸の多い部位や骨ばった部位はレーザーを当てにくく、打ち漏らしが発生しやすい箇所です。

【当院の対応】
当院では常にスタッフの施術技術の向上に努めておりますが、2週間~3週間ほど経っても脱毛したはずの部位に毛が残っているなど、「打ち漏らしかな?」と思ったら、お早めに当院までご相談ください。照射漏れの場合は、優先的にご予約をお取りし、無料で再照射させていただきます。

脱毛期間中のお肌ケア

自己処理はシェーバーを使って

施術の前日にシェーバーで毛を剃る以外は、放置していただくのが基本です。どうしても伸びてくるのが気になる場合は剃っても構いませんが、肌へのダメージを避けるために頻繁に行うことは避けましょう。

毛抜きやワックスなどの「毛を抜く」タイプの処理は、絶対にNG!
本来予定していた毛周期(発毛のサイクル)が乱れ、施術の効果が発揮できなくなってしまいます。また除毛クリームは肌への負担が高く、肌荒れの原因となります。肌荒れの程度によっては脱毛施術をお断りしなければならない可能性もありますので、除毛クリームでの自己処理も避けてください。

脱毛期間中の日焼けはNG

紫外線を浴びて日焼けをした肌は軽度のやけどをしているような状態で、炎症を起こしています。
炎症でダメージを受けているお肌に施術をすると「肌に赤みが出る」「肌が荒れる」といったトラブルを引き起こすリスクが高まります。脱毛前後2週間は、日焼けをしないようご注意ください。

肌の保湿ケアは十分に

脱毛施術を受けた箇所は、保湿クリームやローションなどで保護してください。またできる限り清潔に保ち、ニキビや肌荒れが起きないように気を付けましょう。
施術直後は特に肌が刺激を感じやすい状態になっているため、飲酒、激しい運動、熱いお湯への入浴、サウナ、摩擦などの強い刺激を避ける必要があります。
エスラボは脱毛を受けた患者さま全員に、お肌ケア用のローションを無料でお渡ししています。また脱毛後のお肌ケアに適した幹細胞エキス配合のボディローション「Retino-Stem M.D.(レチノステムM.D.)」も取り扱っています。